09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

watashino-hi-mi-tu

ブツブツと日常の呟きなど・・

病院 

私「75万円?!」
母「そのくらいするでしょ。お母さんはそう思ってたよ」


私の腰痛は中学生の時から・・・
ある日背中がまっすぐのままおじぎもできなく、なにも前に上体を倒せなくなった。
その時偶然にも野球部の子が私とは正反対に曲がったままでいた(笑)
だからよーく覚えている。

高校時代体操部にいたけど、腰痛はなく、足のほうが板のようになって医者に「日の丸を背負っているんでもないし、将来ハイヒール履けなくなっても知らないぞ」と叱られながら痛み止めを打ってもらって、体育祭に出たことがある。
腰は病んでなかったと思う。
その後19歳くらいの時に玄関でブーツを磨いていて「ウーン」と言ったきり動けなくなった。
それが最初のぎっくり腰かな?

その後は掃除機かけたりすると腰が痛いなぁ~って程度?
結婚して何年もたってから、ゴミを出そうとゴミ箱のふたを開けて、その時くしゃみをしたらそれきり動けなくなった。
救急車を呼ぶという夫に絶対病院は行かないと部屋になんとか這って行き、泣きながら寝返りも打てず、トレに行くにも涙と鼻水でぐしゃぐしゃになって半月ほど病んだかな。
その頃腰痛で医者なんか行ったら帰りは車いすだって聞いていたし、マンションの友達は入院したけど引っ張ってただけだって言ってたし。
店に来た若い男の子が手術したけど、まだ痛いと言ってたこともあった。

だから、腰の手術は絶対いやだって思っていた。

3年前くらいにテレビでスーパードクターをやった時に「神の手を持つドクター」と、椎間板ヘルニアを内視鏡で手術するドクターを見た。
一泊で退院できて、テレビでもつらそうだった人が手術してスイスイ歩いているのを見た。
私もあの先生がいいなぁ~って思ってみてた。
その時テレビで予約は3年待ちって出ていた。

たまたまネットの友達が連絡方法を教えてくれて、ダメもとで電話したら予約がとれちゃった(*^▽^*) わぉ~

それが来年の1月5日
最初は3月だったけど、キャンセルが出たと去年連絡が来た。

そして来月の診察に控えて、副院長の診察を受けるように書類が届いた。
PED費用75万円とあった。ヒイィィ(゜ロ゜;三;゜ロ゜)ヒイィィ

母と散々話してとりあえず行ってみようと今日赤羽の病院まで行ってきた。

歩くのがつらそうなおじいさんや、奥さんに支えられてやっと歩いているおじいさんとか、何人かいらした。
私いたって元気(-_-;)
予約制ではないので、呼ばれるまでひたすら読書をして待った。

9時前について11時過ぎたかな?

副院長は、大まかに私の腰痛の経緯を聴いて、
「○○さん、手術やりたいの?」って
( ̄△ ̄;)エッ・・・
どういうこと?

「あのね、手術って壊すことなんだよね。
壊しちゃうんだよ?!
壊す度合いをいかに少なくするか、治るんじゃないんだよ」
(゜Д゜)ハァ?
「あのね、みんな勘違いしてるんだよね」って・・

私が「いずれ母が動けなくなって介護するのに、腰病んでたら困るし」って言ったら
Dr「いやいや、手術したら介護はしちゃいけないんですよ。できないんです。
農家の人が手術したら、もう農業はしちゃいけないんですよ。
痛みは一時的に楽になるかもしれないけど、決して治るわけじゃないんです」って・・・

とりあえずレントゲン撮ってって言われて、撮ってから呼ばれるまで待って。

画像を見ながら
Dr「あぁ~だいぶずれちゃってるねぇ」
前にも見てるけど、前よりずれが酷くなってる気がした。
下から2,3番目だったか3,4番目がすっかりずれて、特に下のは落っこちる?ってくらいずれてた(笑)

先生の肩に摑まって片足でゆっくり屈伸したり、ベッドに座って、先生が足の甲や親指を押してくるのを踏ん張ったり、ベッドにあおむけで寝て、足をくの字に曲げて先生が押してくるのを踏ん張ったり。
「負けるな。負けるな」って先生が言いながら押してくるの(笑)

Dr「いいですね、しびれは来てないし。
僕は腰だけじゃ手術やらないんですよ。足まで来てどうしようもないなら別ですけどね。
僕だって重いもの持って腰やってるけど、手術はしませんよ。

年齢的なこともあるし、こういうことで身長も縮むしね」

私「そう言えば2センチ縮みましたよ」

Dr「ウンウン・・
生まれつきもっていたかもしれないし、○○さんの病気や薬も影響あるかもしれないし、それはわからないけど、手術するほどではないですよ。
一番いいのは水中歩行で筋力をつけるのがいいんだけどね」

私「レイノーが出るからダメだって言われてるんです」

Dr「そうか、難しい病気だからね」

私「歩いたりするのは?」

Dr 「歩くのは足にはいいけど、腰には関係ないですよ。
水中は水圧を受けるから腰の筋力がついていいんですよ。
ジムとかで相談しながら筋力つけるのもいいですよ」

「また痛みが酷くなったら僕のとこへ来ればいい。
ただもし手術となっても、ここには膠原病の専門がないからねぇ。
なにかあったときに、対処ができない。
向こうの先生にちょっと来てってわけに行かないしね。
やっぱり最後は大学病院なんですよ。
同じところで連絡取れる形が一番いいですよ」

そうか・・・
「わかりました。来て安心できました」

Dr「じゃ、来年の5日の手術はキャンセルね」

看護師に「キャンセル」って言って、

Dr「じゃ、頑張ってね」って手を振ったよ、先生(笑)

なんかねぇ~ホッとしたよ。

帰り歩きながら腰が痛くて・・・(>_<) いたたた..

すでに1時近く
松戸に降りて「とんかつ和幸」で一人ランチ
ランチ

75万円が頭から離れず胃が痛む思いでいたけど、すんごくホッとしてべロリと食べちゃいましたq(・ー・q)ルン♪(p・ー・)pルン♪
スポンサーサイト
2011/12/21 Wed. 23:58 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

初めまして。
通りすがりのものです(^^)

この記事読んでちょっと感動してしまったので
足跡残していきます。

素晴らしいドクターですね。
こういう人を名医って言うんでしょうね。
医は仁術
このことばは今も生きてるんですね。

きしもと@WEASE #s7IGOOmQ | URL | 2011/12/25 23:17 * edit *

Re: タイトルなし

v-22きしもとさん、初めまして。
コメントありがとうございました。

私も行って良かったって思いました。
キャンセルするのにも十分納得できましたし。

1月5日に手術してくれるスーパードクターは名古屋からいらっしゃるんですけどね。
その前に赤羽にある病院の副院長が診察するんですけど、本当に副院長いい方でした。

わかりやすくとても丁寧にお話をしてくれて、普通じゃ5分もかけないくらいの医者が多い中、たくさんの時間を使って説明してくれました。

素晴らしい先生だと感激しました。
もしまた診てもらうならこの先生がいいな・・って思いました。

yukari #- | URL | 2011/12/26 02:43 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://watashinohimitu13.blog74.fc2.com/tb.php/2098-3ee14e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)