09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

watashino-hi-mi-tu

ブツブツと日常の呟きなど・・

往診 

昨日病院から帰った時、「また転んじゃった」と言ってた母。

いつも通り整体で治療受けてから買い物に行ってそこで転んで、また整体に戻ったんだって・・・
「また転んだ」って(笑)

やけに混んでいて、入口で先生が診てくれて、そのまま帰るように言われたそうだ。
何人かが車で送ってくれるって言ったらしいけど、母は歩いて帰って途中駅前で買い物をしてきたらしい。

夜中母の部屋の灯りがついていたので、覗いたら「全身が痛くて眠れない」と・・
そうなんだよねぇ~
後から痛みが出るのよね。

私も若いころ、チャリの前と後ろに子供を乗せて、四つ角でワゴンとケンカして負けたことがあった。

その時はまるでスローモーション・・薬師丸ひろ子だったっけ?
前に乗せていた三男(当時2歳になってたかな?)が歩道からはみ出して車道へ倒れて行った。
私はきっと力いっぱい倒れまいとチャリを支えていた。
そのとき赤信号で向こうに止まっていた車の人達がみんな見ているのが目に入った。
後ろに載っていた二男(小学低学年)はワゴンの間に挟まっていた。

ワゴンの人が車で病院へ連れて行ってくれた。
車の中で三男の顔が土色に変って行ったのを今でも思い出す。
幸い子どもたちはたいした怪我もせず、私も擦り傷程度だったけど・・

その夜全身が痛みだして、眠れなかった。

事故の時ってとっさに体中に力が入っているんだよね。

だから母も痛みが出たんだろう・・

で、朝部屋へ行ったら「動けない」って。
杖を2本ついてやっとトイレに・・・

変形している左足じゃなくて、右足がかなり痛そう。

母は電話をして整体の先生に往診を頼んだ。

往診なんて・・懐かしい(笑)

小さいころ、あの当時は普通に個人病院の先生は往診してくれたよなぁ~
家族みたいな付き合いしてたよねぇ・・

結婚して上京してから往診なんてないものだと思ってた。
だって、どんなに辛くても病院へ行ったもの。
個人の病院へいつも行ってたけど、往診なんてしてくれなかったよ。

で、先生が来て母は「松葉杖貸して」と言った。
先生は「松葉杖はかえって危ないからダメですよ。
この太い杖がいいですよ」

そしたら母は「田舎にいた時は・・」とε-(ーдー)ハァ
最後まで言わないうちに先生が「田舎にいたころって幾つだったの?
今と状態が違うでしょ」そうだそうだ!
私がいつも言ってること言われてやんの(笑)

リビングで診てもらって、シップしたりテーピングしたり。
右の膝が水が貯まってかなり腫れていた。
「どこで寝てるの?」
「娘が食事だ、トイレだって寝室から出てくるの大変だからここにいればって言うんだけど」
「そうですよ。
座椅子とかないの?
あるじゃん。ここに寝て足の下を高くしていればいいよ」

「先生、それ私が言ったんだけど、文句言って聞かないのよ。
先生の言うことなら聞くんだからもっと言ってやって」と私。

もうね・・年のせいなのかな?
田舎にいた時はどうだった、前はこんなじゃなかった・・あぁだこうだと。
叔母にも愚痴るんだけど「頑固だからねぇ、あのばあさんは」と叔母も(笑)

明日も来るからおとなしくしててと帰って行った。
その格好は普通の兄ちゃん、デイバッグ背負って(笑)

私も腰を止んだり、足を捻挫して動けなくなったことが何回かある。
辛いのよねぇ~
私が病んだ時は息子がいたから、捻挫した時は二男がおんぶしてくれたのを覚えている。
私はとても母を背負えないもん・・

夕べは食欲もなかったらしいけど、今夜はいつも通りいっぱい食べて、良かった~♪
なんてったって内臓は私より丈夫なんだから(・m・ )クス
スポンサーサイト
2012/03/13 Tue. 22:20 | trackback: 0 | comment: 2edit

コメント

お気の毒に。
早くよくなると良いですね・・・

ビタースイート #- | URL | 2012/03/14 06:29 * edit *

Re: タイトルなし

v-22ビタースイートさん、ありがとうございます。

年をとると本当にちょっとしたことでも転びますよね。

yukari #- | URL | 2012/03/14 23:17 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://watashinohimitu13.blog74.fc2.com/tb.php/2141-c7bfc111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)