09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

watashino-hi-mi-tu

ブツブツと日常の呟きなど・・

総会、講演会 

昨日は「膠原病友の会」東京支部の総会に出かけてきました。

天気予報では雨になるというので、準備万端整えて・・

しかし雨は降らなかったけど、寒くて寒くて電車の中でも寒くて、雨用に持ってきたポンチョを羽織ってやっと落ち着きました。

総会の会場へ着いたころが最悪で、また熱っぽくて気分もいまいち・・

でも受付をしなくてはならないので、しっかりマスクもしたまま座ってました。

そのうち会場内は蒸し暑くなって今度は汗ふきシートと扇子と鼻をチンチンかみながら、まぁ忙しいったらありゃしない(笑)

今回は予想以上の参加者で(用意されていた名札はあまりましたけど)、今までと違っていたのが男性の参加者が凄く多かったこと。

若い方もいらっしゃいました。

男子会なるものをやっている効果かも。

近々女子も合同でビアガーデンで盛り上がるそうです(笑)



おかげで受け付けは忙しくて、一緒に担当した方と楽しく過ごしているうちに気分もすっかり良くなりました。

何回も出席しているので、お顔馴染みの方も増え、数人のかたに「blg拝見してますよ」とか「HP見せていただいてます」ってお声をかけていただきました。

「昨日見たら風邪ひいたってありましたけど、大丈夫ですか?」なんて言われて、ちと嬉しかったσ(*・д・`)アタシ(笑)

総会は滞りなく終り、お昼の時間になりましたけど、午後の講演会から参加される方もいらして、受け付けは空けられず、二人で机のところで買ってきた食料を腹に詰めました(笑)

13時から講演会が始まりました。

講演会 講演会
松山先生のお話は非常にわかりやすく、時々笑いもありで楽しく時間が過ぎました。

参加者からの質問で、先生の回答は実に共感できました。

たまたま前日見た「炎の体育会」?で松岡修造さんが話されていたことなどと共通するものがありました。
と、私は思いました。
他でも何かで見た番組で話されていたこと・・あぁ~思い出せない・・・

大事なのは「自分のこころ」

先生と患者の関係も一番はそこにあると思います。

松山先生がおっしゃられていました。
「よく患者さんは『お世話になってます』とおっしゃられるけど、お世話になっているのはこちらの方です。
患者さんがいらっしゃらなければ我々はおまんま食べられないわけですから。」と(笑)
「毎回毎回同じ診察内容で、納得できなかったら先生に質問を投げかけてみたらいい。
我々医者はそれを待っているんですから」

通り一辺倒の診察の日々だと思ったら、自分が納得できるように先生に質問すればいい。
私は以前のDrには我儘も言ったし、言うこともきかないこともあったし、ただDrの言うがままに従って、疑問を抱えることはしなかったつもりです。
医者だってマニュアルと経験だけで、自分が同じ思いをしたことがないんだから
Dr「その薬にはそんな副作用はないです」と言われた時
私は「転んだのは私ですから」と言って薬を変えてもらったり。

信頼関係が築けなかったら、一緒に病と闘っていくことなんてできないですよねぇ・・・大袈裟かな。

とにかくいいお話を聞けてラッキーでした。

その後はグループに分かれての懇親会。

私は会のお手伝いの方の担当グループと今後の計画を楽しみながら話してきました。

16時はあっという間にやってきて、さっさと引き上げてきました。

上野で待ち時間の間にウロウロして(σ・∀・)σゲッツ!
パンダパン
今日のお昼に食べました(o゛ж゛o)モグモグ♪

熱も出ずに鼻だけチンチンですが、ひとまず(;´▽`) ホッっとしました。




スポンサーサイト
2013/06/03 Mon. 23:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://watashinohimitu13.blog74.fc2.com/tb.php/2381-27685d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)