09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

watashino-hi-mi-tu

ブツブツと日常の呟きなど・・

再会 

暑中見舞い


この数日涼しくて過ごしやすいですが、ぶり返す猛暑を思うと体の反応が怖いですね。

水分補給をしっかりと元気で夏を乗り越えましょう~~

昨日は涼しいうちにと街まで出かけてきました。

銀行へ行ったり、来月の切符買ったり、ついでに丸井へ行ったり・・・

住んでるところにはほんとにな~んにもないので「しまむら」があるけど(笑)
出たついでにあちこち歩かないと・・・

一人なので自分のペースで歩けて楽チンです(^^♪

で、またついでに「新星堂」へ寄ってウロウロしていたら

目の前に(☆。☆)キラーン!!

十五少年漂流記 (新潮文庫)十五少年漂流記 (新潮文庫)
(1951/11/20)
ジュール・ヴェルヌ

商品詳細を見る


なんと懐かしい!!

小さいとき父が買ってくれた「少年少女文学全集」?の中の一冊
一番好きな本でした。

子どもができてからこの本だけ田舎から持ってきて子どもたちが寝るときに読み聞かせしていたので、この本ももちろん読んであげました。

が、家を出る時に置いてきてしまったんですね。
結婚してから買い求めた本も若い時からのレコードも(ノ_・。)くぅ~☆
なにしろ朝から晩まで体壊すほど仕事していたので、引越し先も仕事の合間に不動産やに飛び込んで決めて、引っ越し当日も当時高校生だった三男に任せて仕事してました。
確か日曜日だったので、長男も次男ももちろん手伝いましたけど、引越し屋さんもちゃんと頼んで、でも陣頭指揮をとったのは三男、私が置いて出たメモを片手に!(^^)!

なので、荷物もじっくり選んでいる暇もなくて、いろんなものを置いてきて、今考えると本当にもったいないです。

そしたら今日なんと目の前にこの本がいるじゃぁありませんか。

きっとこれは運命だったんですねぇ(^^♪
「連れて帰って」と訴えてくるんです、(o^^o)うふふっ♪
小さい頃の本は分厚かったんですけど、こんな薄い文庫本
でも何十年ぶりの再会にもう嬉しくて嬉しくて。

すぐ読んでしまいそうなので、月曜日の診察日の為に読まずにおこう♪
待ち時間の楽しみq(・ー・q)ルン♪(p・ー・)pルン♪
スポンサーサイト
2013/07/18 Thu. 00:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://watashinohimitu13.blog74.fc2.com/tb.php/2400-176d5345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)